コラム

6÷2(1+2) この答えは?

\(6÷2(1+2)\)

ネットで時々話題になる数式です。

「答は当然\(~9~\)だ」という人もいれば、「そんなことはない。\(1~\)になる」という人もいます。

結論から言うと、この数式に答えはありません。

あえて答があるとすれば、「数式がまちがっている」。これが答えです。

数式自体が正しくないのです。

この数式は表記があいまいなため、次のように2通りの答(?)が出てきてしまいます。

① \(6÷2×(1+2)\\=6÷2×3\\=3×3\\=9\)

② \(6÷\{2×(1+2)\}\\=6÷(2×3)\\=6÷6\\=1\)

\(2(1+2)\) は \(2×(1+2)\)  の「×」を省略したものとみなせますから、前から順に計算をするとになります。

一方、\(2(1+2)\) を 一つのかたまりとみて、\(2×(1+2)\) を先に計算するとになります。

この数式は「×」だけ省略して「÷」をそのままにしているのがそもそものまちがいです。「×」を省略するのなら、割り算は分数の形にしないといけません。

を意図しているのなら、\(\displaystyle\frac{6(1+2)}2\) 、

なら、\(\displaystyle\frac{6}{2(1+2)}\) です。

数学は厳密な学問です。数式は誰もが同じ結論に達するように表記しないといけません。

複数の解釈ができるような数式は、使ってはいけないのです。この数式はその悪い見本ですね。

 

 

<広告> 楽しくピタゴラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です