コラム

来年の今日は何曜日?

来年の今日は何曜日?

こう聞かれたら、すぐに答えることはできますか。

答は簡単。明日の曜日を言えばいいのです。

もし、今日が月曜日なら、来年の同じ日は火曜日

今日が金曜日なら、来年の同じ日は土曜日です。

※ ただし、1年間の間にうるう年の2月29日があるときは、その次の曜日になります。

 

なぜ、こうなるのでしょう。

 

まず、カレンダーを見てください。

うるう年ではない年のカレンダーです。

元日大晦日の曜日を見てください。

同じですね。

うるう年でない限り、必ずそうなります。

1年の始まりと終わりは、必ず同じ曜日になります。

知っていましたか?

意外と知らない人が多いですね。

 

なぜ、こうなるのか。

それは1年が365日だからです。

 365÷7=52あまり1

 365=7×52+1

つまり、1年は52週と1日なのです。

12月30日でちょうど52週が終わります。その翌日から次の週が始まります。

スタートに戻るので、12月31日は1月1日と同じ曜日になるのです。

 

すべての日について同じことが言えます。

例えば、今年の7月15日が水曜日なら、365日めになる来年の7月14日も水曜日です。

そして、来年の同じ日、7月15日は木曜日になります。

 

 

 

 

<広告> 楽しくピタゴラス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です